ふくらはぎの筋肉太りの特徴

ふくらはぎの筋肉太りの特徴

ふくらはぎ

ふくらはぎの筋肉太りの特徴はあるのでしょうか?また筋肉によって太くなっているのでしょうか?

 

ふくらはぎがガッチガチになっている人もいればパンパンになっている人もいます。その上に脂肪が乗っている人もいます。ガッチガチの場合は、常にふくらはぎの筋肉が使われている状態で、筋肉が疲労し、萎縮している可能性が高いです。膝が曲がった状態ではふくらはぎは常に使われているので、筋肉が疲労しやすいのですが、筋肉が疲労してくると表面にある筋膜は硬くなりやすいので、筋膜がガッチガチの場合がほとんどです。

 

パンパンの場合も筋肉が疲労しきってしまって、栄養や酸素を使い果たした血液をうまく心臓に送り返す事が出来なくなっている事も多いです。その為疲労物質が溜まりパンパンになってきます。疲労物質から筋肉を守ろうと水分を運んでくるからなんですね。(中和)

 

その2点の上に脂肪が乗っている人も多いので、ガチガチでもパンパンでもやはり血行を良くしてあげるのが一番です。パッツンパッツン服を着て運動すると服が破れるように、筋肉を覆っている筋膜がパッツンパッツンでは筋肉の動きも悪くなりがちです。

 

まずは血行を良くしてあげる事で、全体的な活動量が増えますので、日々ケアをしていきましょう。

▲ふくらはぎの筋肉太りの特徴 上へ戻る
ふくらはぎの筋肉太りの特徴 page top